ID : 000750
  • 東京
  • 社会人
  • 既卒生
  • 高3
  • 高2
  • 高1
  • 中3以下

医学部専門予備校YMS

  • 1対1個人授業
  • 少人数集団授業
  • 業界実績15年以上
  • 医大別模試
電話相談
  • TOP
  • 合格実績
  • 特長・学費
  • 校舎・フォト
  • イベント

予備校からのお知らせ

合格実績

2018年度 医学部医学科最終合格者数:212名  
最終合格者 212名(高卒・高三・推薦本科コース)
国公立大 【千葉大学】最終1名、【筑波大学】最終5名、【金沢大学】最終1名、【新潟大学】最終1名、【浜松医科大学】最終2名、【群馬大学】最終2名、【三重大学】最終1名、【旭川医科大学】最終1名、【福島県立医科大学】最終1名
私立大 【慶應義塾大学】最終1名、【東京慈恵医科大学】最終5名、【順天堂大学】最終11名、【日本医科大学】最終9名、【昭和大学】最終12名、【岩手医科大学】最終9名、【東北医科薬科大学】最終2名、【獨協医科大学】最終8名、【埼玉医科大学】最終15名、【国際医療福祉大学】最終11名、【杏林大学】最終18名、【帝京大学】最終7名、【東京医科大学】最終16名、【東京女子医科大学】最終9名、【東邦大学】最終9名、【日本大学】最終4名、【北里大学】最終13名、【聖マリアンナ医科大学】最終18名、【東海大学】最終3名、【金沢医科大学】最終5名、【愛知医科大学】最終2名、【藤田医科大学】最終3名、【関西医科大学】最終1名、【近畿大学】最終1名、【川崎医科大学】最終2名、【産業医科大学】最終1名、【久留米大学】最終1名、【福岡大学】最終1名

ここが違う!当校の特長

  • 受験生一人ひとりに合わせたオーダーメイドの受験生活を支える「担任指導」
  • 学問の本質を追求する授業カリキュラムと万全の面接・小論文対策
  • 医学部合格の先を見据えた。良き医療人育成のための「医のアート」

合格実績(年次・期間 2019年度)

2019年度 医学部医学科一次合格者数:376名/最終合格者数:233人  
2019年4月16日現在の速報です。(高卒国公立本科・高卒本科・高三本科・推薦本科コース)
種別名 大学名 合格実績
国公立大北海道大学最終1名
国公立大東京医科歯科大学最終1名
国公立大横浜市立大学最終1名
国公立大筑波大学最終2名
国公立大山梨大学最終1名
国公立大信州大学最終1名
国公立大弘前大学最終2名
国公立大大分大学最終1名
国公立大旭川医科大学最終1名
国公立大琉球大学最終1名
国公立大福島県立医科大学最終1名
私立大慶應義塾大学1次2名・最終2名
私立大東京慈恵医科大学1次7名・最終4名
私立大順天堂大学1次15名・最終10名
私立大日本医科大学1次16名・最終9名
私立大昭和大学1次17名・最終15名
私立大岩手医科大学1次11名・最終8名
私立大東北医科薬科大学1次4名・最終1名
私立大獨協医科大学1次16名・最終10名
私立大埼玉医科大学1次22名・最終11名
私立大国際医療福祉大学1次17名・最終10名
私立大杏林大学1次32名・最終15名
私立大帝京大学1次14名・最終6名
私立大東京医科大学1次41名・最終23名
私立大東京女子医科大学1次27名・最終18名
私立大東邦大学1次23名・最終16名
私立大日本大学1次17名・最終10名
私立大北里大学1次27名・最終22名
私立大聖マリアンナ医科大学1次27名・最終14名
私立大東海大学1次14名・最終9名
私立大愛知医科大学1次5名・最終4名
私立大関西医科大学1次3名・最終1名
私立大川崎医科大学1次2名
私立大久留米大学1次1名
私立大福岡大学1次1名
その他防衛医科大学校1次2名・最終2名

合格実績(年次・期間 2018年度)

2018年度 医学部医学科最終合格者数:212名  
最終合格者 212名(高卒・高三・推薦本科コース)
種別名 大学名 合格実績
国公立大千葉大学最終1名
国公立大筑波大学最終5名
国公立大金沢大学最終1名
国公立大新潟大学最終1名
国公立大浜松医科大学最終2名
国公立大群馬大学最終2名
国公立大三重大学最終1名
国公立大旭川医科大学最終1名
国公立大福島県立医科大学最終1名
私立大慶應義塾大学最終1名
私立大東京慈恵医科大学最終5名
私立大順天堂大学最終11名
私立大日本医科大学最終9名
私立大昭和大学最終12名
私立大岩手医科大学最終9名
私立大東北医科薬科大学最終2名
私立大獨協医科大学最終8名
私立大埼玉医科大学最終15名
私立大国際医療福祉大学最終11名
私立大杏林大学最終18名
私立大帝京大学最終7名
私立大東京医科大学最終16名
私立大東京女子医科大学最終9名
私立大東邦大学最終9名
私立大日本大学最終4名
私立大北里大学最終13名
私立大聖マリアンナ医科大学最終18名
私立大東海大学最終3名
私立大金沢医科大学最終5名
私立大愛知医科大学最終2名
私立大藤田医科大学最終3名
私立大関西医科大学最終1名
私立大近畿大学最終1名
私立大川崎医科大学最終2名
私立大産業医科大学最終1名
私立大久留米大学最終1名
私立大福岡大学最終1名

指導の特長

YMSの3本の柱は「1クラス20名前後の集団授業」「講師が一人ひとりをしっかりサポートする担任指導」と「面接や小論文で差をつける医のアート」だ。創立してから37年の間に多数の医学部生を送り出してきたYMSには、合格のための方程式が存在しており、他の予備校にはないYMSだけの合格法で、医学部合格へと導いている。

代表メッセージ

医学部専門予備校YMS 市川 剛
1981年の設立時より「医師のあり方」を追求する講座を設けるなど、YMSは特色ある進学舎です。YMSは二つの目標を持っています。
一つ目は志のある...
1981年の設立時より「医師のあり方」を追求する講座を設けるなど、YMSは特色ある進学舎です。YMSは二つの目標を持っています。
一つ目は志のある若者を医学部に入れること。志ある若者は、仮に学力が不足していても頑張るので必ず伸びます。2020年の入試改革、2023年の国際認証問題の影響を受け、医学部の入試状況も大きく変わりつつあります。YMSはそれに的確に対応しています。一日も早くYMSで、学力と人間力を磨きましょう。
二つ目は志のある若き医療人をサポートすること。2001年から発刊している書籍『Lattice』を通じて、私達スタッフも日夜勉強をしています。卒業生の中から地域の基幹病院の理事長になったり、途上国の医療支援のNPOを設立したり、「医のアート」を追求する先輩達も数多く出てきています。医学部に入ってからも、研修医になってからも、一人前の医師になってからも、日本の医療、世界の医療を変えるあなたをYMSはサポートします。

“医はサイエンスによって支えられたアートである。”
W.オスラーの言葉に感銘を受け、第一に徹底的に医学部合格の学力(サイエンス)をつける方法を考案しました。次に小論文面接対策(アート)授業にも尽力してきました。
その結果36年以上にわたり卓越した医学部合格の実績をあげ続けています。

プロフィール

市川 剛(いちかわ・つよし)
愛知県出身
早稲田大学理工学部建築学科卒業
卒業制作にて村野藤吾賞を受賞
1973年〜 医学部予備校を中心に数学講師
1981年 医学部専門予備校YMS(代々木メディカル進学舎) 設立
1984年 ワイエムエス教育企画株式会社 代表取締役就任
現在に至る
2001年〜 『Lattice』発行人 (医のアートを追求する書籍)
2008年〜 韓国高神大学医学部 講師
2012年 韓日文化大賞 社会貢献部門受賞
2012年〜 韓国慶熙大学韓医学部 講師

受験生一人ひとりに合わせたオーダーメイドの受験生活を支える「担任指導」

YMSの「担任指導」は、「担任が支えるオーダーメイドの受験生活」が特色。長年にわたる医学部入試の指導経験豊かな講師たちが、生徒一人ひとりと定期的に面談を実施。全教科にわたり適切なアドバイスを行うほか、志望校に応じた学習計画の策定、毎月の模試や復習テスト、日々の学習ノートのチェックなどにより、学習状況を具体的に把握して学習効率を高めていく。定期的な面談は中だるみを防止し、くじけそうな心を支える役割も果たし、入試本番までのモチベーション維持につながっている。

学問の本質を追求する授業カリキュラムと万全の面接・小論文対策

YMSでは、1クラス20名前後で行われる集団授業が基本。テキストは「本質を追求する」と同時に、医学部過去問を用いて「生徒の学習を合理化すること」を考えて作成。長年にわたり医学部入試を研究してきた講師陣が、入試の日から逆算したカリキュラムに基づき作成しており、無理なく医学部入試に必要な力をつけることができるようになっている。医学部合格に必要な力を正確に判定できるYMS模試を月1回実施。面接・小論文指導も万全の体制が採られており、 面接は個人面接・集団面接・集団討論のすべての対策を行い、小論文対策では入試で意見を求められるテーマや課題を扱い、個人面接や集団討論にも応用できる知識と思考力を身につけることができる。

医学部合格の先を見据えた。良き医療人育成のための「医のアート」

YMSには、「医のアート」という独自の授業が設けられている。毎週1回行われる授業では、講義のほか集団討論や面接を実際に行い、医師として必要な論理的思考力や課題解決力を鍛えていく。また理科オリンピックに挑戦したり、研究活動や体験学習を通じて面接や小論文に強くなるための対策も行われる。このような授業を通して、一人ひとりの理想の医師像を作りあげ、将来「良き医療人」として活躍できる基盤を築くことを狙いとしている。また、将来日本の医療を背負っていく若者たちに、体験・学習する機会を提供するために、書籍「Lattice」も発行している。

学費

高3生の場合:年間学費総額[S標準]1,592,500円(税抜)
※「特待生制度」により547,500円(税抜)まで減額できます。
※学費は月額制となります。翌月の授業数に応じた学費を納入いただきます。
※季別講習会費は模試の成績に応じて決まりますので、別途納入いただきます。

詳細はお問合せください。

基本情報

予備校名 医学部専門予備校YMS
代表者 市川 剛
創立年 1981年
住所
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-37-14
校舎・詳細はこちら
TEL 050-1709-0597
受付時間 8:00~20:00
施設・設備
提携寮あり(男子寮、女子寮)
詳細はこちら

校舎一覧

校舎名 医学部専門予備校YMS
住所 〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-37-14
TEL 受付時間 8:00~20:00

医学部専門予備校YMS

050-1709-0597

施設・設備

JR・都営大江戸線 代々木駅、小田急 南新宿駅どちらの駅からも徒歩3分という好立地ながらも、静かで落ち着いた環境の中にYMSの校舎はある。また、JR代々木駅前には自習室も設けており、集中とゆとりの共存する学舎となっている。
一人暮らしの学生には、食事付の民間学生寮の紹介あり。食事の管理が行き届かなかったり、生活の乱れが目立つケースも多いため、このような学生寮の利用をお薦めしている。

フォトアルバム

※画像をクリックすると拡大画像を表示できます。
掲載中のイベントはありません。
  • TOP
  • 合格実績
  • 特長・学費
  • 校舎・フォト
  • イベント

無料

資料請求リスト
合計
リストアップ中
※1度に10件まで請求できます。
  • 削除

無料

資料請求をする
資料リストに
追加しました

PAGE
TOP