ID : 000553
  • 東京
  • 愛知
  • 大阪
  • 福岡
  • その他都道府県
  • 社会人
  • 既卒生
  • 高3
  • 高2
  • 高1
  • 中3以下

富士学院

  • 1対1個人授業
  • 少人数集団授業
  • 業界実績15年以上
  • 医大別模試
  • 医学部チューター
  • 専用寮
  • 専用個別自習室
電話相談
  • TOP
  • 合格実績
  • 特長・学費
  • 校舎・フォト
  • 受験生の1日
  • イベント

予備校からのお知らせ

合格実績

入学選抜を行わず2019年度医学部医学科進学者実数171名!今年も合格実績過去最高記録を達成。  
医学部医学科進学実数を出しているのは富士学院だけです。/ 2019年度医学部医学科最終合格者 のべ284名/ 医学部医学科合格者実数173名/ ※推薦含む。一次・補欠含まず。/ ※入学選抜試験をとらずに毎年記録更新している圧倒的合格実績!/ ※他学部を一切含めない全医学科の合格者数です。/   現役生必見!/ 【推薦入試で圧倒的合格占有率を誇る富士学院指導生の実績】/ 2019年度推薦入試合格者占有率の一部/ ・川崎医科大学特別推薦合格者の約6割が富士学院指導生(全合格者20名中11名が学院生)/ ・福岡大学医学部医学科推薦合格者の約5割が富士学院指導生(全合格者30名中14名が学院生)/ ・久留米大学医学部医学科推薦合格者の4割が富士学院指導生(全合格者25名中10名が学院生)/ 2018年度推薦入試合格者占有率の一部/ ・川崎医科大学特別推薦合格者の6割が富士学院指導生(全合格者20名中12名が学院生)/ ・福岡大学医学部医学科推薦合格者の約4割が富士学院指導生(全合格者30名中12名が学院生)/ ・久留米大学医学部医学科推薦合格者の4割が富士学院指導生(全合格者25名中10名が学院生)/   現役生・高卒生必見!/ 【高校評定不要 4浪生まで受験可能 ※2019年度入試募集要項より】/ 問題・配点が非公表の川崎医科大学特別推薦入試はなんと7年連続で学院生の合格者占有率50%以上を達成!/ 2013年度 全合格者20名中13名!/ 2014年度 全合格者20名中12名!/ 2015年度 全合格者20名中10名!/ 2016年度 全合格者20名中10名!/ 2017年度 全合格者20名中11名!/ 2018年度 全合格者20名中12名!/ 2019年度 全合格者20名中11名!/ ※川崎医科大学附属高校の内部推薦者は一切含んでおりません/ ※他、国公立医学部医学科推薦合格者も多数輩出しています!
国公立大 【北海道大学】最終1名、【山形大学】最終1名、【福島県立医科大学】最終1名、【筑波大学】最終1名、【千葉大学】最終1名、【群馬大学】最終1名、【信州大学】最終2名、【山梨大学】最終2名、【福井大学】最終2名、【浜松医科大学】最終1名、【名古屋大学】最終1名、【名古屋市立大学】最終1名、【三重大学】最終1名、【岡山大学】最終1名、【愛媛大学】最終1名、【島根大学】最終3名、【九州大学】最終1名、【佐賀大学】最終4名、【熊本大学】最終1名、【鹿児島大学】最終6名
私立大 【福岡大学】最終38名、【久留米大学】最終35名、【川崎医科大学】最終24名(附属高内部推薦者含まず)、【岩手医科大学】最終19名、【愛知医科大学】最終18名、【藤田医科大学】最終14名、【金沢医科大学】最終19名、【北里大学】最終13名、【帝京大学】最終8名、【兵庫医科大学】最終8名、【埼玉医科大学】最終9名、【東北医科薬科大学】最終6名、【国際医療福祉大学】最終5名、【東海大学】最終5名、【東邦大学】最終4名、【獨協医科大学】最終4名、【東京女子医科大学】最終3名、【近畿大学】最終3名、【日本大学】最終3名、【聖マリアンナ医科大学】最終3名、【産業医科大学】最終2名、【日本医科大学】最終1名、【自治医科大学】最終1名、【東京医科大学】最終1名、【順天堂大学】最終1名、【昭和大学】最終1名、【杏林大学】最終1名、【大阪医科大学】最終1名、【関西医科大学】最終1名

説明会・イベント

合格体験記

【回答者】
お母様 K・Yさん
【受験生】
佐賀大学入学
福岡大学附属大濠高校卒業
【回答者】
お母様 Y・Kさん
【受験生】
群馬大学医学部医学科入学
開智高校卒業

ここが違う!当校の特長

  • 生徒を中心とした「チーム」の存在が合格力の秘訣
  • 定期的に行う面談や面接指導で生徒自身の“自覚”と“覚悟”を促す
  • 最後の受験が終わるまで全校舎で全力サポート

合格実績(年次・期間 2019年度)

入学選抜を行わず2019年度医学部医学科進学者実数171名!今年も合格実績過去最高記録を達成。  
医学部医学科進学実数を出しているのは富士学院だけです。/ 2019年度医学部医学科最終合格者 のべ284名/ 医学部医学科合格者実数173名/ ※推薦含む。一次・補欠含まず。/ ※入学選抜試験をとらずに毎年記録更新している圧倒的合格実績!/ ※他学部を一切含めない全医学科の合格者数です。/   現役生必見!/ 【推薦入試で圧倒的合格占有率を誇る富士学院指導生の実績】/ 2019年度推薦入試合格者占有率の一部/ ・川崎医科大学特別推薦合格者の約6割が富士学院指導生(全合格者20名中11名が学院生)/ ・福岡大学医学部医学科推薦合格者の約5割が富士学院指導生(全合格者30名中14名が学院生)/ ・久留米大学医学部医学科推薦合格者の4割が富士学院指導生(全合格者25名中10名が学院生)/ 2018年度推薦入試合格者占有率の一部/ ・川崎医科大学特別推薦合格者の6割が富士学院指導生(全合格者20名中12名が学院生)/ ・福岡大学医学部医学科推薦合格者の約4割が富士学院指導生(全合格者30名中12名が学院生)/ ・久留米大学医学部医学科推薦合格者の4割が富士学院指導生(全合格者25名中10名が学院生)/   現役生・高卒生必見!/ 【高校評定不要 4浪生まで受験可能 ※2019年度入試募集要項より】/ 問題・配点が非公表の川崎医科大学特別推薦入試はなんと7年連続で学院生の合格者占有率50%以上を達成!/ 2013年度 全合格者20名中13名!/ 2014年度 全合格者20名中12名!/ 2015年度 全合格者20名中10名!/ 2016年度 全合格者20名中10名!/ 2017年度 全合格者20名中11名!/ 2018年度 全合格者20名中12名!/ 2019年度 全合格者20名中11名!/ ※川崎医科大学附属高校の内部推薦者は一切含んでおりません/ ※他、国公立医学部医学科推薦合格者も多数輩出しています!
種別名 大学名 合格実績
国公立大北海道大学最終1名
国公立大山形大学最終1名
国公立大福島県立医科大学最終1名
国公立大筑波大学最終1名
国公立大千葉大学最終1名
国公立大群馬大学最終1名
国公立大信州大学最終2名
国公立大山梨大学最終2名
国公立大福井大学最終2名
国公立大浜松医科大学最終1名
国公立大名古屋大学最終1名
国公立大名古屋市立大学最終1名
国公立大三重大学最終1名
国公立大岡山大学最終1名
国公立大愛媛大学最終1名
国公立大島根大学最終3名
国公立大九州大学最終1名
国公立大佐賀大学最終4名
国公立大熊本大学最終1名
国公立大鹿児島大学最終6名
私立大福岡大学最終38名
私立大久留米大学最終35名
私立大川崎医科大学最終24名(附属高内部推薦者含まず)
私立大岩手医科大学最終19名
私立大愛知医科大学最終18名
私立大藤田医科大学最終14名
私立大金沢医科大学最終19名
私立大北里大学最終13名
私立大帝京大学最終8名
私立大兵庫医科大学最終8名
私立大埼玉医科大学最終9名
私立大東北医科薬科大学最終6名
私立大国際医療福祉大学最終5名
私立大東海大学最終5名
私立大東邦大学最終4名
私立大獨協医科大学最終4名
私立大東京女子医科大学最終3名
私立大近畿大学最終3名
私立大日本大学最終3名
私立大聖マリアンナ医科大学最終3名
私立大産業医科大学最終2名
私立大日本医科大学最終1名
私立大自治医科大学最終1名
私立大東京医科大学最終1名
私立大順天堂大学最終1名
私立大昭和大学最終1名
私立大杏林大学最終1名
私立大大阪医科大学最終1名
私立大関西医科大学最終1名

合格実績(年次・期間 2018年度)

2018年度医学部医学科専願者307名中164名進学!  
医学部医学科専願者実数と進学実数を出しているのは富士学院だけです。 【2018年度医学部医学科合格実績】 医学部医学科専願者実数307名中164名進学。 医学部医学科最終合格者 のべ244名。 ※入学選抜を行わずに生徒の2人に1人以上が医学部医学科に進学。 ※すべて医学部医学科のみ。一次・補欠・他学部を含まないうそ偽りのない実績です。 ※昨年度合格体験記、保護者からの感謝のメッセージ掲載数100名超。 ※2019年度も一次・正規合格者続々輩出中!
種別名 大学名 合格実績
国公立大東北大学最終2名
国公立大群馬大学最終1名
国公立大東京大学最終1名
国公立大横浜市立大学最終1名
国公立大富山大学最終1名
国公立大福井大学最終1名
国公立大名古屋市立大学最終2名
国公立大鳥取大学最終1名
国公立大島根大学最終1名
国公立大山口大学最終2名
国公立大佐賀大学最終4名
国公立大長崎大学最終1名
国公立大熊本大学最終2名
国公立大鹿児島大学最終4名
私立大久留米大学最終31名
私立大福岡大学最終28名
私立大川崎医科大学最終26名
私立大金沢医科大学最終20名
私立大愛知医科大学最終20名
私立大岩手医科大学最終12名
私立大北里大学最終9名
私立大藤田医科大学最終9名
私立大帝京大学最終8名
私立大国際医療福祉大学最終7名
私立大兵庫医科大学最終6名
私立大埼玉医科大学最終5名
私立大順天堂大学最終5名
私立大日本大学最終4名
私立大昭和大学最終3名
私立大日本医科大学最終3名
私立大近畿大学最終3名
私立大獨協医科大学最終3名
私立大東海大学最終3名
私立大産業医科大学最終3名
私立大大阪医科大学最終2名
私立大慶應義塾大学最終1名
私立大東京慈恵医科大学最終1名
私立大自治医科大学最終1名
私立大東京医科大学最終1名
私立大杏林大学最終1名
私立大関西医科大学最終1名
私立大東邦大学最終1名
私立大東京女子医科大学最終1名
私立大東北医科薬科大学最終1名
その他防衛医科大学校最終1名

合格体験記

K・Yさん
お母様
編集部本人
認証済み
受験生の性別
男性
受験生の進学大学
佐賀大学
その他の合格大学
受験生の出身校
福岡大学附属大濠高校
Q.
いつ(学年)から通い始めましたか?
A.
「もっとしっかり勉強していれば無理ではなかった。」息子がこう言って来年の合格に意欲をもっていた3月
Q.
どのような経緯でこの塾・予備校を選びましたか?(参考にした情報源、検討のポイント、比較した他の予備校名など)
A.
富士学院に話を聞き、理解度、先生との相性などを考慮して、教科ごとにクラス編成をして下さるところに魅力を感じました。息子も体験授業を受け「わかりやすい」ということでお世話になることにしました。
Q.
実際通わせてみて、満足できた点を教えてください。
A.
学院の紹介に「少人数で生徒と先生の距離が近い」とありますが、入学するまで本当の意味で理解できていなかったように思います。子どもが言うには、「少人数だから何回でもあてられる」から「しっかり聞かないといけない」「ぼんやりしてられない」「先生にたくさん話しかける」「プリントを解いている時覗かれる」「わかったふりをして、やり過ごすことはできない」「わかってないことがバレてる」のだそうです。その結果、よく理解できていないところは質問に行かなくてはいかなくなり、質問すると納得するまで時間をかけて教えて下さるそうです。また、同じような問題で躓いた時も、「この前はここで躓いてたけど、そこはクリアできてる」「進歩してる」と少しの成長を見つけては、褒めて頂いたそうです。授業開始早々に「少人数で先生との距離が近い」ことを実感し、お預けして良かったと感じました。
Q.
何が志望校合格の決め手だったと思いますか?
A.
医学部を目指す仲間の存在も大きな支えになったようです。一時は「こんなにがんばっているのに成績が伸びない。自分には無理なのか?」と思ったそうですが、周りの人が朝早くから夜遅くまで頑張っている姿に刺激を受け、いろいろな話を聞くことで、くじけずに勉強を続けられました。本当に、良い先生、仲間に恵まれて充実した一年を過ごせたと思います。
もっと見る
Y・Kさん
お母様
編集部本人
認証済み
受験生の性別
女性
受験生の進学大学
群馬大学医学部医学科
その他の合格大学
受験生の出身校
開智高校
Q.
いつ(学年)から通い始めましたか?
A.
進路に迷っていた高校2年の夏
Q.
どのような経緯でこの塾・予備校を選びましたか?(参考にした情報源、検討のポイント、比較した他の予備校名など)
A.
休日の学習の質を高めることを目的に、塾を探しておりました。それに親切に対応してくれたのが、富士学院だけでしたので、富士学院に決めました。
Q.
実際通わせてみて、満足できた点を教えてください。
A.
娘が受講していく中、講師の方々はもとより、職員の皆さんが、いつも温かく見守って頂けたことで、互いに信頼関係が築け、娘自ら積極的に受験に望む姿勢がでたことは満足しています。
Q.
何が志望校合格の決め手だったと思いますか?
A.
まず、小論文対策では、締め切りに追われる中、何度も添削頂けたことが、本番に大いに役立ちました。次に、面接対策では、幾度なくやって頂けたことが、自信に繋がりました。実は、娘は面接が苦手でしたが、講師の先生から面接は、貴方の強みになると言われことが、本番の自信に繋がりました。推薦入試では、入塾当初から苦手にしていた英語を使って試験に臨み、合格が得られたことは、これまで富士学院でご指導頂けたおかげだと感じております。また、他の教科についても的確なご指導を頂けたことで、成績も順調に上がり、娘も受験に対し意欲的に取り組むことが出来きました。
Q.
これから入学を検討するご家庭へアドバイス・メッセージをお願いします。
A.
親としても、初めての大学受験で、しかも医学部受験でしたので、きめ細かく相談出来たことは、心強く思いました。医師を志望する娘が、そのスタートラインにつけたことに感謝しております。
もっと見る

指導の特長

富士学院では、きびしい採用試験をクリアした講師と職員が、生徒のために細かく連携し、情報を共有しながら生徒の成長と志望校合格のために常に生徒目線での指導を行っている。受験の主役は生徒達であり、講師や職員ではない。今後の社会を担っていく大事な宝物である生徒一人ひとりが自ら考え、今やるべき課題に対しきちんと実践し、行動ができ、そして成長していける様に、講師・職員がその見本となるための自覚を持ち生徒一人ひとりと真剣に向き合い、全力で指導を行っているのが大きな特徴だ。

代表メッセージ

富士学院 学院長 坂本 友寛
私共富士学院は創立以来、真面目にそして実直に“生徒を合格に導くためにはどうしたらいいのか”“生徒を成長させるためにはどうしたらいいのか”を常に考えて行動してきま...
私共富士学院は創立以来、真面目にそして実直に“生徒を合格に導くためにはどうしたらいいのか”“生徒を成長させるためにはどうしたらいいのか”を常に考えて行動してきました。またそのために“我々ができる事は何なのか”そしてそのできる事を一つひとつ増やしていく事を含め、ここまで試行錯誤を繰り返しながら努力を重ねてきました。その中で一つはっきりとわかった事があります。それは我々講師・職員が、生徒のために一生懸命に頑張る姿は必ず生徒にも伝わるという事です。つまり、我々が頑張れば生徒は更に頑張れるし、我々が成長すれば生徒も更に成長できる。私達はこの事をたくさんの生徒達の頑張りや成長の姿から学ばせてもらいました。富士学院は、これからもこの事を忘れずに誠実に実直に生徒の成長と目標達成のために頑張って参ります。

プロフィール

富士学院 学院長 坂本 友寛

生徒を中心とした「チーム」の存在が合格力の秘訣

富士学院では、生徒を指導する各科目の講師陣と担任講師、担当職員が生徒を中心としたチームをつくり、生徒の現状と今後の指導方針を共有し、連携をしながら指導を行っている。入試は受験科目の総合点で合否が決まり、まさしく最後の一点で合否が分かれる中、大事な科目間の指導バランスや、大学との相性を含めた受験校の選定など、チームとしての様々な役割や機能は富士学院の高い合格力にもつながっている。年に数回、生徒を交えて行うチーム会議は、生徒の今やるべき課題の確認から、目標や合格までの道標、そして生徒自身のモチベーションアップに至るまで様々な効果を生んでいる。

定期的に行う面談や面接指導で生徒自身の“自覚”と“覚悟”を促す

医学部入試において年々その重要度が増し、合否にも大きく影響を及ぼしてくるようになった面接試験。特に医学部のカリキュラムが大きく変わり、更に過酷になった今、医学部6年間をどう頑張るのかが強く問われている中、学力試験だけではなくその受験生の意識や人物そのものを見る面接試験の重要性は、今後更に高まってくるといえる。富士学院の面接指導は付け焼刃的な指導ではなく、年間を通した面談や面接指導を行い、生徒自身の自覚と覚悟そして成長を強く促していく。またこの面談や面接指導は生徒の状況に応じて生徒毎に随時行うのが大きな特徴だ。

最後の受験が終わるまで全校舎で全力サポート

難関の医学部合格を勝ち取るためには、受験までの期間をどう頑張るのかと同じ位、受験期間中の頑張りや、モチベーションの維持がとても大事な要因となる。入試本番で本来の力が発揮できず、負のスパイラルに落ち入り、合格を掴め損なった生徒がいる中、逆に受験期間中の様々な経験を生かして、受験力をつけ、最後には逆転で合格を掴む生徒もいる。富士学院ではこの合格を左右する大事な受験期間中も、一人ひとりの生徒の最後の受験が終わるまで校舎を越えて全力で応援、サポートを行い、最後まで受験生に“元気と勇気と希望〟を与え続けている。

学費

資料請求にてご確認下さい

基本情報

予備校名 富士学院
代表者 学院長 坂本 友寛
住所
〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南3-2-1
校舎・詳細はこちら

校舎一覧

校舎名 東京御茶ノ水校
住所 〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町2-23 菅山ビル2F・3F
TEL 受付時間 9:00~18:00<平日・土曜>/10:00~18:00<日曜・祝日>
校舎名 東京十条校
住所 〒114-0032 東京都北区中十条2-9-13
TEL
校舎名 名古屋校
住所 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅3-8-7 ダイアビル名駅1F
TEL 受付時間 9:00~18:00<平日・土曜>/10:00~18:00<日曜・祝日>
校舎名 大阪校
住所 〒530-0015 大阪府大阪市北区中崎西2-4-41 
TEL
校舎名 岡山校
住所 〒700-0027 岡山県岡山市北区清心町3-27
TEL 受付時間 9:00~18:00<平日・土曜>/10:00~18:00<日曜・祝日>
校舎名 小倉校
住所 〒802-0014 福岡県北九州市小倉北区砂津3-2-18
TEL 受付時間 9:00~18:00<平日・土曜>/10:00~18:00<日曜・祝日>
校舎名 福岡校
住所 〒812-0016 福岡県福岡市博多区博多駅南3-2-1
TEL 受付時間 9:00~18:00<平日・土曜>/10:00~18:00<日曜・祝日>
校舎名 鹿児島校
住所 〒890-0046 鹿児島県鹿児島市西田2-21-3 NUビル6階・7階
TEL 受付時間 9:00~18:00<平日・土曜>/10:00~18:00<日曜・祝日>

東京御茶ノ水校

050-1709-0466

東京十条校

050-1709-6312

名古屋校

050-1709-0467

大阪校

050-1709-6313

岡山校

050-1709-0468

小倉校

050-1709-0469

福岡校

050-1709-0470

鹿児島校

050-1709-0471

フォトアルバム

※画像をクリックすると拡大画像を表示できます。

受験生の1日(既卒生)

富士ゼミは個々のカリキュラムに沿って授業が行われます。食事は朝昼夜の三食付きで、平日、土祝は午後10:00まで学院で学習ができ、個人学習担当の講師や空いている講師にはいつでも質問ができます。(日曜日は18:00まで)また個人学習の時間に補講を入れることもできます。毎週土曜日は各科目の週テストを行い、スケジュールに沿って全国模試や医学部実力模試、大学別プレテストを実施します。
8:30 朝の会・点呼(朝テスト・新聞視写)
食堂は朝7:30から毎日開いており、朝の温かい食事とスタッフの元気な挨拶で生徒達の1日のスタートを応援します。毎朝、朝の会では出欠確認とその日の伝達事項を行います。また朝の会の前後には入試に必要な基礎事項の確認を目的とした10分程度の朝テストと、小論文や国語力向上に役立つ新聞視写を行っています。
9:00 午前授業(1限目~2限目)
富士ゼミは1コマ100分授業。各自のカリキュラムに沿って1日の授業がスタートします。授業の合間は15分の休み時間があり、それを利用して専用ラウンジでリフレッシュすることができます。お茶を飲みながら友人との談笑で気分転換を図ったり、次の授業の準備をしたりと、生徒毎に休み時間を活用しています。
12:35 昼食
仲間と喋りながら専用食堂で楽しくランチタイム。専任の栄養士が、栄養バランスを考えた温かくて美味しい食事を毎日提供します。メニューも生徒の好みを考えながら日替わりで変わるので、生徒達はとても楽しみにしています。
13:25 午後授業(3限目~4限目)・課題自習&質問対応
カリキュラムに沿って授業を行います。また、前期の期間のみ、毎週1コマのリフレッシュタイム(体育や各種企画)を設定し、気分転換を図っています。リフレッシュタイムがない曜日には4限目授業の各講師がそのまま残り、生徒の学習状況や自学習の状況を確認。その他、生徒の質問にも対応します。
19:00 夜間学習・個人学習
毎日の夜間学習には講師が常駐し、科目毎に夜間補習授業と添削指導に分かれ、それぞれの生徒にとって必要な夜間学習を行っていきます。

説明会・イベント

  • TOP
  • 合格実績
  • 特長・学費
  • 校舎・フォト
  • 受験生の1日
  • イベント

無料

資料請求リスト
合計
リストアップ中
※1度に10件まで請求できます。
  • 削除

無料

資料請求をする
資料リストに
追加しました

PAGE
TOP